News

2015.04.14PR

【企業活動情報】山手線圏内に173 店舗を有するダイヤモンドダイニンググループ 2020年に向け、インバウンド施策強化 !!対策チームを結成し、日本の食文化の魅力発信!!

ne_dd_Inbound (1)
————————————————————————————————————————————
外国人に人気の観光スポットにアクセス便利な首都圏を中心に店舗展開するダイヤモンドダイニンググループ。
日本の食文化の提供、非日常的な空間やサービス、演出、エンターテインメント性溢れる当社グループ店舗が、外国人にも大好評!更に、インバウンド施策を強化し、2020年東京オリンピック開催に向けて取り組んで参ります。
———————————————————————————————————————————

2020年の東京オリンピック開催に向けて、増え続ける外国人観光客。
『新宿 阿波おどり』は、外国からのお客様に喜んでいただけるようには、昨年9月にコンセプトをリニューアルし、“日本人が外国人の友達を連れていきたいお店、日本一!“をスローガンに、外国人観光客誘致の筆頭店舗として取り組んで参りました。当店舗は、Japanese Culture Entertainment Restaurantとして、訪日外国人の新たな観光スポットになっております。店舗とインバウンドチームがタッグを組んで行ってきた様々な取り組みが功を奏し、今では海外を含むテレビ取材やメディアの露出が増加。国内外問わず各方面から注目が集まっております。
今後、外国人観光客集客の手法を多店舗へ横展開するとともに、日本人が気付かない”外国人が思う面白い「ニッポン」の再発見”を一つのテーマとし、外食における外国人観光客誘致のための戦略を企画・推進、マーケティングや販促・PR活動を強化していく方針です。
日本の魅力を世界中の方々に知っていただくため、マスコミの皆さまと共に積極的な情報発信を行なって参りたいと思います。

<外国人観光客増加で、更に注目される日本の「食」と立地特性>
日本人の伝統食文化がユネスコ無形文化遺産になったように、世界トップレベルの食文化持つ日本。2020年の東京オリンピック開催に向けて、政府も観光立国への推進を図る中、各企業のインバウンド(海外から日本に来る観光客)事業への取り組みにも熱い注目が集まっています。

◆ダイヤモンドダイニンググループ173店舗(3月末時点)が山手線圏内!=人気の観光スポットが近く、利用しやすい!
ne_dd_Inbound (2)
当社グループは、兼ねてより都内を中心にドミナント出店をしており、現在グループ全体で約240店舗運営。そのうち山手線圏内は173店舗と全体の店舗数の約半数以上を占めており、駅からも近いアクセス便利な立地に存在。訪日外国人の観光スポットが多い都心において、山手線圏内に多くの店舗を持っていることは、立地特性上、大きな強みとなっています。


<当社インバウンドへの取り組み>
◆本社にインバウンド企画・開発チームが発足!!
今後、当社の店舗コンセプトや立地特性といった強みを活かした戦略的なインバウンド施策を推進するため、2015年3月マーケティング戦略室プロモーション担当部署に専門チームが設立されました。日本人が気付かない”外国人が思う面白い「ニッポン」の再発見”を一つのテーマとし、外食における外国人観光客誘致のための戦略を企画・推進、マーケティングや販促・PR活動を強化していく方針です。

S__3301392S__3301393


ne_dd_Inbound (7)◆法人営業部による団体観光客の集客も好調!!
当社の法人営業部は、旅行団体の集客に取り組んでおり、お客様の要望に合った店舗を紹介しております。
お客様の満足度を推し量るために、団体がご来店される際には、店舗に出向き、お客様の行動や意見収集に努めております。また法人営業部では、これらの取り組みによって得たインバウンド集客の成功事例を、今後他の既存店にも広げることで、インバウンドの営業活動強化に取り組んで参ります。





◆店舗では、外国語メニュー設置を強化。SNSによる情報発信!
外国人集客の特化店舗として取り組んできた「新宿 阿波おどり」では、英語と中国語のメニューを用意している他、阿波おどりショーの説明も「日本の伝統祭りをより親しんでもらいたい」という想いから外国語のフリップをご用意しております。その他店舗においても外国語対応メニューの設置を行なっております。
今後も、更に強化・継続的見直しを行なってまいります。

ne_dd_Inbound (5)

また、店舗Facebookページでは、お店での出来事や情報を積極的に発信しております。

ne_dd_Inboundne_dd_Inbound (6)


<インバウンド特化店舗「新宿 阿波おどり」、テレビをはじめメディア取材続々!>

 【2015年テレビ取材例】
◆1/1(木・祝)テレビ朝日 お正月恒例特番「志村&所の戦うお正月2015」
…外国人が集まるスポットに行き、何か国の国の人に会えるか競うゲームが行われました。
◆2/14(金)SmaSTATION!
…『外国人観光客が「わざわざ」訪れる、意外なスポット』として紹介
◆3/24(火)「Japan in Motion」
…『日本の魅力を世界に伝える』フランスのTV番組
◆3/31(火)「スーパーJチャンネル」
…「きょうナビ」コーナーにて外国人に人気のスポットとして紹介
◆4/3(金)日本テレビ・朝のニュース番組「スッキリ!」
…「外国人が集まる意外なスポット」として紹介

 【その他、過去掲載媒体】
<海外メディア>東京レストラン&リビングインフォマガジン「Wining and Dining in Tokyo」・「BILATERAL」・タイ語フリーペーパー「anywhere」・中国語フリーペーパー「Japan-i」・タイ語フリーペーパー「Japan-i」・はとバス中国語パンフレット 等

<国内メディア>・「Hanako」…クチコミNews・「飲食店経営」2015年2月号…連載:外国人観光客を獲得しよう・「東京スポーツ」…ライブショーが楽しめる店・「食品産業新聞」…メニューブック多言語化で集客へ/来日目的は「日本の食」-インバウンドに商機・「外食.Biz」…「新宿 阿波おどり」、外国人客をメインターゲットに!

5














 <ダイヤモンドダイニンググループの“資産”である数々の業態>

ne_dd_daichi1空港から次の目的地に赴くための中継地になりやすい上野にかまえる「大地の贈り物」。180席というキャパシティと団体バス運行の中継ポイントとして好条件にある立地特性から、インバウンドの団体客受け入れ店舗として成功しています。ビルの4階という空中階にあるものの、日本の民家をイメージした空間デザインや大きな太鼓のモチーフのビュッフェ台などは外国人観光客にも大好評です。
また、都内最大級のターミナル駅とされる新宿は、外国人の訪問先として常に上位の人気のエリアとなっており、さらに宿泊施設が至近であることもメリットとされているため、年々近隣飲食店への外国人の訪問が増えています。こうした状況の中、当社の「戦国武勇伝」という戦国時代をイメージした店舗では、外国人観光客限定で“忍者刀”をプレゼントするというサービスを実施したりするなど、ご来店いただいたお客様に向けた取り組みを行なっております。



◆外国人ウケしやすいユニークな店舗が多数!
日本のビジネスマンが取引先の外国人を連れてきて、日本の伝統文化を楽しんでいただくという利用形態が定着した「新宿 阿波おどり」。居酒屋文化・伝統祭り体験ができるとして観光スポットの一つとしても注目を集めています。

310

148

海外にはないような非日常的な空間でお食事が楽しめるとして、コンセプトレストラン(アリスや海賊、戦国を舞台にしたお店等)も大変人気が高く、おもに海外からの個人旅行客の方に多くご来店いただいております。

ne_dd_Inbound (4)ne_dd_Inbound (3)
(アリスのファンタジーレストラン各店のFacebookページより)

◆様々な業態に応じた柔軟なオペレーションで、団体観光客の対応も可能!
ne_dd_daichi (1)個人観光客だけでなく、ツアー等の団体観光客の受け入れを行っていくためには、柔軟なオペレーション体制も必要となってきます。
お台場「キングオブザパイレーツ」や銀座「土の実」などは、外国人観光客に合わせたコース料理の用意をしている他、上記で紹介した上野「大地の贈り物」などのビュッフェ形式の店舗では、日本語・中国語・英語の3カ国語で表示するなどして、インバウンドのお客様に自分でお好みの料理を選べるように配慮させていただいてしております。


◆外国人社員の登用や新卒採用にも着手!
当グループでは、2015年新卒より外国人新卒の採用も実施。入社後、店舗で現場勤務を経験し、その後キャリアプランとしてインバウンドの重要なポジションへの登用を検討しております。今後新卒だけでなく、社会人経験のある人材の採用計画もスタート致しました。


 ダイヤモンドダイニンググループは、更に積極的に海外のお客様誘致・インバウンド施策に注力して参ります!!

今後もダイヤモンドダイニンググループは、2020年開催の東京オリンピックを見据え、より多くの方に日本のおもてなし文化の素晴らしさを知っていただくために、ジャパニーズカルチャーエンターテインメントレストラン新宿「阿波おどり」をかわきり筆頭に、海外のお客様誘致、インバウンド集客に積極的に取り組んでまいります。
マーケティング戦略室プロモーション担当部署に専門チームが発足し、外国人からの情報・意見を積極的に取り入れ、外国人観光客誘致のための戦略を企画・推進していく方針です。
引き続き、世界に向けて“楽しみと驚き”を発信してまいりますので、何とぞ宜しくお願い致します。


GIVE “FUN & IMPACT” TO THE WORLD
~ Let’s enjoy life all together ~

page top