News

2015.08.07

仏ミシュランシェフ・松嶋啓介氏×ダイヤモンドダイニング 新エリア&オフィス型商業施設にてフレンチ新業態2店舗連続オープン決定!! 市場創造・顧客創出のためのマーケティング力強化へ

news_km0807 (6)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Topics】
■当社初の「日本橋」・「大手町」エリアへの進出、オフィス型商業施設への出店で、市場創造・顧客創出のためのマーケティング力を強化し、今後の出店拡大を加速!
■松嶋シェフとのフレンチレストラン2店舗連続オープン決定!フランスと時差のない”本質的な食文化”を様々なコンセプトで発信!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<当社初の「日本橋」「大手町」エリアのオフィス型商業施設に出店!>


■新たな市場創造、顧客創出と多様なニーズへの対応強化!


news_km0807 (2)今回の出店は、「日本橋」「大手町」という当社初の新エリア出店となります。1店舗は、日本橋交差点角というシンボリックな立地に、業務×商業×多目的ホールなどで構成される話題の新施設「東京日本橋タワー」。もう1店舗は、大手町ファーストスクエアは、日比谷通りと永代通りの交差点に位置し、地下鉄「大手町駅」、JR「東京駅」へのアクセスに恵まれたツインタワーです。
今回、当社初となる新エリアのオフィス型商業施設への出店によって、新たな顧客獲得とそのニーズに応える業態を展開し、市場創造・顧客創出のためのマーケティング力強化を図って参ります。







<松嶋シェフとのコラボ店舗2店舗連続オープン決定!>


news_km0807 (1)6月25日にリリースさせていただいた8月24日(月)オープンの日本橋フレンチシーフードバル「Marche aux Poissons」 に加え、同月25日(火)大手町に「BISTRO French Paradox」のオープンが決定致しましたのでお知らせ致します。
上記業態は、当社が戦略的業務提携をしている仏ミシュランシェフ・松嶋啓介氏とのコラボ店舗となります。


■フランスと時差のない「本質的な食文化」を追求した新業態展開!フランスのリアルなローカリゼーションを啓蒙する新たな挑戦、“フレンチキス”プロジェクトとは?!


news_km0807 (1)本場フランスにて、様々な地方で修業を重ねた松嶋シェフの様々な知識と知恵、調理技術を当社展開店舗に伝播。高級フレンチでもない、フランス風料理でもない、本当にフランス人が親しんでいる料理を伝え、リアルなローカリゼーションを啓蒙して参ります。今回の2店舗連続出店を皮切りに、松嶋シェフの再現する「本質的な食文化」を今後、フランスの州や都市など各地域、各食材に特化し、異なったテーマでマルチコンセプト展開してまいりますので、ぜひご期待下さい!






<新店紹介>

news_km0807 (1)

魚市場発祥の地「日本橋」に南仏・地中海の風!


フランス語で「魚市場」を意味する店名の通り、フランスの豊かな食文化の一端を担っている南仏・地中海の新鮮なシーフード料理をご提供。代表的な料理であるブイヤベースの他、季節の旬の魚を使用したオススメの黒板メニュー等もご用意。
南仏の海風を感じるような居心地のいい空間で、フランス産ワインやこだわりのラム酒(約20種)と共にお楽しみいただけます。

■店名:「Marche aux Poissons(マルシェ・オ・ポワソン)」
■住所:東京都中央区日本橋2−7−1 B1
■坪数:23.5坪・30席 
■客単価:昼1500円、夜5500円
■店舗設計:ATTA 戸井田晃英氏


news_km0807 (2)

ボルドーの銘醸ワインを楽しめる大手町のビストロ


店名は、ボルドー大学の科学者であるセルジュ・レナウド博士が唱えた造語(※)に由来しています。
当店では、バリエーション豊かな肉料理の数々の他、ワイン事業専業商社エノテカとコラボをして赤ワインの名産地ボルドー産を中心とした銘醸ワインを取り揃えました。
また、ボルドー秋の祭典メドックマラソンにちなんだ12種類のサーバーワインを好きに楽しめる新たな提供スタイルにもぜひご注目下さい。
(※一般的に過度の肉食や飲酒は体に良くないという定説に対して、美食にふけるフランス人の心臓病による死亡率が低いという矛盾を示した言葉)
 
■店名:「BISTRO French Paradox(フレンチ・パラドックス)」
■住所:東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエアB1
■坪数:34.5坪・58席 
■客単価:昼1000円、夜4500円
■店舗設計:サイドデザインパフォーマンス


<松嶋 啓介氏 プロフィール>

松嶋啓介正面写真松嶋氏は1977年福岡生まれ。小学生のころより料理人を夢見、エコール辻東京を卒業後、酒井一之のフレンチ「LE VINCENNES」(東京・渋谷)の門を叩く。
20歳で渡仏し、フランス各地で修業を重ねたのち、2002年の25歳、フランス・ニースにレストラン「Kei’s passion」をオープン。南仏の素材を活かした斬新な料理が評判を呼び、2006年、28歳の時に本場フランスのミシュラン一つ星を外国人最年少で獲得。
名称を「KEISUKE MATSUSHIMA」に改めて拡大オープンし、ミシュラン10年連続一ツ星獲得。2010年7月、フランス政府よりシェフとしては初めて、さらに最年少で「芸術文化勲章」を授与される。
日本国内においては、2009年6月、東京・原宿に「Restaurant-I」を開店。2014年7月開業5周年を迎え、ニース本店と同じ 「KEISUKE MATSUSHIMA」に店名変更。メニューコンセプトから、空間演出に至るまで「ニースを時差なく感じられる素朴なラグジュアリー」を体現している。

<関連ニュース>
◆松嶋啓介氏と業務提携締結 本質的な食とマーケティング活動の創造へ
http://www.diamond-dining.com/news/2014/12/01/1078
◆「KEISUKE MATSUSHIMA」ミシュラン一ツ星10年連続獲得を達成!シェフ研修制度「情熱修行」プロジェクトも始動!
http://www.diamond-dining.com/news/2015/02/03/1849

GIVE “FUN & IMPACT” TO THE WORLD
~ Let’s enjoy life all together ~

page top