News

2017.01.13IR

【IR情報】2017年2月期 第3四半期決算情報及び上方修正のお知らせ

本日1月13日(金)、2017年(平成29年)2月期 第3四半期に関する下記情報をアップ致しましたのでお知らせ致します。

【2017年(平成29年)2月期 第3四半期決算】

ダイヤモンドダイニンググループの2017年2月期第3四半期連結累計期間の売上高は223億7百万円(前年同期比2.5%増)と増収になりました。利益面につきましては、営業利益8億99百万円(前年同期比232.4%増)、経常利益9億18百万円(前年同期比254.5%増)となりました。詳細は下記をご覧ください。

■決算短信〔日本基準〕(連結)
http://www.diamond-dining.com/company/ir/library/ 

■決算説明資料

<補足資料>
1 財務・事業戦略情報
2 当社グループの近況について

<ご参考資料>
・当社による株式会社ゼットン持分法適用関連会社化について

http://www.diamond-dining.com/company/ir/library3/


<上方修正に関するご説明>
 当社は、最近の業績動向を踏まえ、平成28年10月14日に公表いたしました平成29年2月期通期連結業績予想を下記のと
おり修正いたしましたので、お知らせいたします。詳細は下記をご覧ください。

平成29年2月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせ


≪修正の理由≫
 本日公表の平成29年2月期第3四半期累計連結業績結果を踏まえ、平成29年2月期通期連結業績予想の営業利益、経常
利益及び親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、現時点で前回発表予想を上回る見込み(営業利益は過去最高
を予想)となりましたため、予想数値を上方修正いたします。
 平成29年2月期通期連結業績予想の売上高につきましては、新規出店数は計画を下回っているものの当第3四半期連結
累計期間において、既存店売上高が前年同期実績及び計画を上回って推移しているため、売上高は前回発表を据え置きい
たします。一方、営業利益及び経常利益につきましては、主に新規出店を含む設備投資の精査に加え水道光熱費及び修繕
費などの抑制に努めたことにより、前回発表を上回る見込みであります。また、親会社株主に帰属する当期純利益におき
ましても経常利益の増加に加え固定資産の減損見込額他の減少により、前回発表を上回る見込みであります。なお、平成
29年2月期期末配当予想につきましては、本公表時点での修正はございません。
 引き続き、当社グループは、お客様に『熱狂』的に喜んでいただくお店作りに注力する一方、当社グループ独自のポイ
ント制度「DDマイル」等を活用したマーケティング強化による一層の集客力向上にも積極的に取り組み、更なる連結業績
の向上に努めてまいります。
 当第4四半期の業績動向及び平成28年9月1日付で持分法適用関連会社化した株式会社ゼットン(証券コード 3057)
の状況等踏まえ、平成29年2月期通期連結業績予想の修正が今後必要となった場合には再度速やかに開示いたします。

今後とも皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

page top